*

セッションがうまく行かない理由

公開日: : エモーションフリー

成功と失敗
いながき@ありがとうです。

エモーションフリーの高速セッションは概ね好評ですが、あるパターンの時にうまく行かないことがあります。

こういうのを明らかにすることで、何がうまく行って何がうまく行かないかが見えてきます。

エモーションフリーの高速セッションは、次のような流れが多いです。

  1. どんな問題を行いたいか?
  2. その問題に関する類似項目をインタビューします。
  3. 情報から問題点の仮説を立てます。

  4. ここまでで数分です。長々と話すクライアントは遮ります。

    話を聞くことはセッションの目的ではありません。

    情報を聞き出して問題解決を行うのが目的です。

  5. 問題の感じ方を数値化。
  6. アプローチをします。仮説があっていれば都合4回で終わります。
  7. 数値を確認し、頭の中でリハーサル(テスト)して、問題がなければ終了です。
5以外は省略することもありますが、大体こんな感じです。

大抵はうまく行きますが、次のケースはうまくいきません

  1. 五感がはっきりしない。自分客観視タイプ。
  2. 感じることを長らくしてこなかったタイプで変化を受け取れないために、効いていても、わからないといいます。
  3. エモーションフリーの世界観がわからない方。
  4. 至極簡単なセラピーなので、こんなことで人生最大の問題が解決するなんてから信じられない
    なんていう方は、否定的スタンス。問題解決させてなるモノかという抵抗があるので、解決しません。

    その抵抗に価値はありませんが、自分の苦労が無駄に思えてしまうなどがあって、苦しさを保持します。そういう方は、苦しんでどうしようもなくなってから、ですね。
  5. 紹介で来る方。
  6. 3に近いですが、そもそも苦しいのが普通と思っていますので、解決とか求めていません。人間関係の関係性で、やむを得ず来るようなケースだと、解決を望んでいない、わからない世界観となって、解決に至りません。私の場合は、大抵、紹介はお断りしています。本人が望んでページまでたどり着けば、結構なケースで解決します。
  7. 問題がない方。
  8. 自称幸せマンですね。ネガティブは見ない主義なのか、ちょっと居たい感じもしますが、本人がないと言い張るので、スルーします。自称幸せでも、トラブル続きです。

1はちょっとどうしようもないですが、2は説明をして理解できれば可能性が増えます。

3は五感の回復を行えば可能性が増えます。

4は幸せなので、そのままですね。


4の場合は、現状理解ができない場合があるので、結構大変かなぁと思います。

モラハラやDVの方もここに入る場合があります。幸せの定義は人それぞれですから。

いろんなセラピーで結果が出ていない方は一度来てみるといいです。

関連記事

トラウマのリストを作ろう!

photo credit: I want Milk! via photopin (license)

記事を読む

解放がうまく行かない理由

いながき@ありがとうです。 感情解放がうまく行かないときに、幾つかの点を注意するとうまくいくこと

記事を読む

身体感覚?ってどういうこと??

いながき@ありがとうです。 私の作った『エモーションフリー』は身体感覚を利用して感情を解放していき

記事を読む

セッションがうまく行かない理由

いながき@ありがとうです。 エモーションフリーの高速セッションは

トラウマのリストを作ろう!

photo credit: I want Milk! via pho

毎日に苦しみは必要か?

苦しみは必要か? 適度なストレスはあった方がいい 感情解放をや

無意識の力は恐ろしい、他人を使って妨害する

いながき@ありがとうです。 結構、セミナーに申し込んで来られないとか

自分探しに至る道

いながき@ありがとうです。 自分がわからなくて、自分探し的になってい

→もっと見る

PAGE TOP ↑