*

自分探しに至る道

自分探しに至る道

いながき@ありがとうです。

自分がわからなくて、自分探し的になっている人って結構います。

自分探しへの流れ

いつも思うけどこんな流れを踏んでませんか?

1.抑圧する家庭環境で、自分を押し殺した。
2.学校時代は、先生がいて先輩がいて後輩がいる環境で大きな変化がない。
3.社会人になっても、学校時代と大して変わらない。
4.社会人3年目以降に仕事を任せられるようになったがうまく行かない。
5.恋愛もまったくないか、おかしい。人間関係も他人嫌いへ。
6.仕事がうまく行かず、本当の自分探しへ自己啓発やスピリチュアルへ行く。

大体、30歳前にこうなって、すばらしい自分探しに行きますが、探したって見つかりません。
自分はそこにいるんだから。

そもそも自分がすばらしいことに気がついていないので、ダメな自分という殻をかぶって、ダメでいることに安心してしまう。自分にはできないから〜とか。

第一の問題

家庭内での抑圧には屈するのが普通です。逆らったって生きていけないから、そうするんです。

ただ、親も親でテンパってますから、それしかできないので、悪いわけじゃないです。

子育てなんて、親子で望んでいるモノが違うんだから、うまく行きませんし、それでいいです。

まずそこに気がつきましょう。

第二の問題

親子のズレは仕方ないとしても、それを直すことを覚えないので、一生ズレが残ってしまう。

就職活動などが、自分の意志ではなく周りのムードで行われているのはそのせいです。
もし、子供が自分の意志で仕事を選べるようになっていれば、好きな仕事を選ぶでしょう。

でも、抑圧され続けて、好きがわからないです。

好きがわからない?

人間は、やったことのないことはわからないです。

おもしろそうと思っても、お金が掛かる、怒られるで行動しなければ、体験がないのでわからないです。

更に言えば、怒られるような行動は歓迎されないので、行動する前に怒られるかどうかを考えてしまう。

それでは、あらゆる体験は制限されて、親が歓迎する体験だけをします。

結果として、自分で選んで失敗という宝物のような体験ができません。

だから、自分で決めることができません。

本当にやりたいことは内面から出てきますが、他人の顔色で決めていては、わからなくなります。

これを30年も続けているんです。今更すぐにわかることはできません。

失敗こそ近道

失敗せずに成功だけを選ぶことはできません。

若いうちに軽い失敗をしていれば、30を超えてから激しい失敗を選ぶことは少なくなります。
ですが、失敗経験が少ないと、何が正しいかわからないので、失敗を選びがちです。

だから、簡単な失敗はした方がいいです。

早く、元の道に戻るには?

失った時間は取り戻せませんが、集中することでより効果を得ることができます。

効率の良い方法(雑念を払う)を使って、集中します。 そのとき、恐れや、自分にはできない前提(そもそも自分探しの理由)があれば、外してしまった方がいいですね。

何人も外してきていますが、スタートラインには着けるようです。

スタートラインに着いたら

後はどうやって?となります。

具体的な方法なのでメンタルではなく、専門家に聞く方がいいでしょう。

専門家は既にその道で先行しているか、指導している人なので、的確です。

まずは、自分の内面調整が必要ですね。

関連記事

記事はありませんでした

セッションがうまく行かない理由

いながき@ありがとうです。 エモーションフリーの高速セッションは

トラウマのリストを作ろう!

photo credit: I want Milk! via pho

毎日に苦しみは必要か?

苦しみは必要か? 適度なストレスはあった方がいい 感情解放をや

無意識の力は恐ろしい、他人を使って妨害する

いながき@ありがとうです。 結構、セミナーに申し込んで来られないとか

自分探しに至る道

いながき@ありがとうです。 自分がわからなくて、自分探し的になってい

→もっと見る

PAGE TOP ↑